楽しく生きたい!をシェアする自分メディア。

*

小さくて持ち運べるアケコンが欲しい!マッドキャッツアルファを三和レバー・ボタンに換装してみた

      2019/07/23


エンジョイ格ゲーマーの僕ですが、ちょっと訳あって新しいアケコンを買いました。
今回は、その経緯をお話ししていきます!

スポンサーリンク

アケコンの持ち運びが大変すぎる!

僕は普段、HORIのリアルアーケードプロ隼(以下RAP)を使っています。
とても使いやすくて、いい製品なんですが、前からひとつだけ不満に思ってる点がありました。

それは…持ち運びが大変すぎること!です。

まぁアケコンって大きさと重さがイコールで安定性という根幹の性能に関わってくるんで仕方ないっちゃ仕方ない。
だけど、友達の家で格ゲーやろうぜってなった時に、RAPだと全く持って行く気にならないんですよ。

リセカ
と言うよりもRAPってほぼ自宅専用って感じですよね

妥協してパッドでやると、本来の実力の半分も出せないというアケ格ゲーマーあるある。
しかも負けたらドヤられるから、絶対に負けられないんですよねw

ということで、小さいアケコンが欲しい!しかも使いやすいやつ!的な流れになりました。

条件はアーケードのレバー・ボタンと互換性があること

格ゲーマーにとって、コマンド入力や操作感に関わってくる、レパーとボタンの品質はもちろん重要です。
重要なんですが、この点に関してはひとつの要素を満たしてるかどうか、だけ確認して良しとすることができます。

それが、アーケード部品のレバー・ボタンへの換装(交換)が可能かどうか?です。
これさえ満たされれば、最初についてるレバー・ボタンがどれだけクソ低品質でも全く問題なくなります。

ちなみに1万円以上する本格的なアケコンは、ほぼ全てがこの条件を満たしています。

ただ今回僕が求めたのは、軽くて小さいアケコン、というおもちゃライクな機種です。
だからレバー・ボタンの換装ができるかの確認は最優先でした。

そのことを念頭に置きながら、できるだけ小さいアケコンを求めていきます!

より小さいアケコンを探せ!

やっぱどうせ探すなら、一番小さいのがいいな〜と思いながらAmazonを見ていきました。

そうすると、聞いたことのないようなメーカーの製品が多いこと多いこと。
まぁ人間心理的に、知ってるメーカーの製品を探してしまいますよね。

そこで、HORIのファイティングスティックminiっていうのを見つけました。


【PS4対応】ファイティングスティックmini for PS4 PS3 PC

でも写真見てすぐ分かるくらいボタンが小さいので却下!
レビュー自体は悪くなかったので、レバーとボタンの交換を考えてない人にはいいかもです。

さらに探していくと「マッドキャッツからいいの出てるやん!」とひとつのアケコンが目に止まりました。
それがこの、マッドキャッツ アルファ ファイトスティックです。


マッドキャッツ アーケード ファイトスティック アルファ (MCS-FS-MC-ALP) 本体重量675g 本体幅21cm 30mm標準サイズボタン 35Φレバー

パッと見た感じ手のひらに乗りそうなほど小さい!のに、
レバーやボタンはしっかりアーケードと同じサイズを採用しています!
流石マッドキャッツ、分かってる!

先程のファイティングスティックminiは8ボタン載せる事を優先して小さなボタンになっていました、それをこのマッドキャッツ アルファは6ボタンにすることで小さい筐体ながらアケと同じボタンサイズを実現している訳ですね〜。

ちょっとググッてみた所、ボタンの交換は一応可能みたいなのでとりあえず買ってみる事に決定!

マッドキャッツ アルファ ファイトスティックが届いた!


これがマッドキャッツ アルファ ファイトスティックです!とにかく小さい!

マッドキャッツは格ゲー専門みたいなメーカーなんで、届いたそのままの状態で使ってもそこまで悪くはなかったです。

でもレバーもボタンも少しモッサリしている印象、ちょっと重くて切れがないと言うか。
それに全部黒のボタンは地味すぎて可愛さが足りてませんねw

アケコンってやっぱ気持ち良さが一番大切なんで、アーケードと同じ三和電子のレバーとボタンに交換していきます!

三和電子のレバーとボタンに交換!


アーケードで使われているのと同じ三和電子のレバーとボタンです!
可愛くするためにカラフルにしてみましたw


三和電子 基板タイプジョイスティックレバー 緑 JLF-TP-8YT-SK-G

今回買ったのは普通のレバーですが、実は三和のレバーは価格が倍くらいの静音タイプもあるんです。


三和電子 基板タイプ静音高反発ジョイスティックレバー ダークブルー JLF-TPRG-8BYT-SK-DB

でも個人的には、あまりおススメしません。
何で?ってそりゃあ、ガチャガチャするその音にも気持ち良さが詰まっているからですw

それにやっぱりアーケードと操作感が違うっていう時点で、交換する意味を半分くらい失ってしまう感じですね~。
もちろん、事情があって音を出したくない人にはお勧めです。

それではマッドキャッツ アルファのボタンとレバーを交換をしていこうと思います!

実はこのアケコン、一般的なアケコンについてる、取り外しできる端子(ファストン端子)ではなく、ハンダ直付け仕様なんです。

おもちゃライクなアケコンで良くある仕様ですが、ちょっと気合いが入りますねw

10年ぶりでもあろうハンダ付けにかなり苦戦しながらも、何とか換装できました!
途中で何回もボタンが効かなくなってやり直ししましたが、最後は山盛りハンダで安定しましたw

三和レバーは流石にキレが違います、気持ちよすぎるフィーリングに大満足!

ジュラビー
これでどこでもガチャガチャバンバンできる!

RAP隼とどのくらい違うの?

今回、持ち運び性能を期待して買ったマッドキャッツ アルファ ファイトスティック。
実際に持ってみると予想通り、かなり小さくて軽いです!

もはやアケコンという印象よりも、ちょいデカいパッドみたいなサイズ感ですw

RAP隼と比べてみた写真がこちらです!



どうですか、この差!
これなら友人宅にも気軽に持っていけそうです。

重量はRAP隼が約2200gに対してアルファは約700g

ちょい不安だった安定性に関しては、底面全体が滑り止めで覆われてるため、見た目よりは全然いいですね。

本当に買って良かったと思える、理想的な持ち運びアケコンです!
ちなみにノートPCでも使えるため、勇気があれば喫茶店とかでも使えますw

リセカ
レバーとボタンを交換すれば愛着が沸いてより楽しく!

人気の関連ページ!


スポンサーリンク

 - ガジェット・PC , , ,