日常の「楽しい!」をシェアしたい自分メディア。

*

音質にこだわらない僕がSONYの高級イヤホンXBA−A3を買ってみた

   

2016-05-20 01.56.59

僕は日頃音楽は聞くものの、音質などにはあまりこだわりがありません。
MP3が圧縮音楽だって言われても全く気にならない、気がつかないって感じですね。

そんな僕が今回SONYのハイエンドイヤホンXBA-A3を買ってみましたところ、いろいろ想像以上に良かったのでご紹介します!
このXBA-A3、イヤホンで約3万円という普通の人から見たら「高っ!」ってなる価格になっています(^_^;)

スポンサーリンク

素人が適当にMP3を聞いても明確に違いがわかる

2016-05-20 01.54.55

聞いてみた感想はですね・・

「ありえないほどいい音」「べらぼうにいい音」「信じられんくらいの音」
知識がないからこれしか書きようがなくて申し訳ない!!

このXBA-A3ハイレゾ音源対応らしいんですけど、僕はハイレゾって何?って言うレベルのオーディオ素人。
そんな僕がスマホで適当にMP3を聞いただけでも、はっきりと違いを認識できるんです!
別次元のクオリティだと感じます。

もしかしたら「むしろ素人だからより楽しめる」のかもしれません、変化が大きすぎて感動に繋がるって言うか。
これはXBA-A3というか高級イヤホンを買うことが、素人でもめちゃめちゃ楽しめるという主張になると思います。

音質を「楽しむ」という新しい感覚

今までの僕には、オーディオ=音楽を楽しむというひとつの概念しかなかった。
それが「音楽を楽しむ」と「音質を楽しむ」というふたつの概念に変わるという大きな変化を感じます。
単純に新しい楽しみ方がひとつ増えたと考えていいのかもしれませんね。

録音を聞いてるのではなく、楽器本来の音を聞いてる感じで音自体を楽しめるような感覚。
聞き飽きたはずのお気に入りの曲がすごく新鮮に感じて、知ってる曲を全て聞きなおしたくなる感覚です。

コードを変えられる仕様で購入を決めた

いくら音質が良くてもちょっと手をだしずらい価格のXBA-A3ですが、僕が購入を決めたのにはひとつ大きな理由があります。
それは「コードが交換できる」という仕様により耐久性が高いという点です!

2016-05-20-04.54.46

僕は前にも一度1万円くらいのイヤホンを買ったことがあるんですが、半年くらいでコードが断線しちゃいました。
ちょっと調べてみたらイヤホンの故障原因で圧倒的に多いのがやはりコードの断線みたいですね。

逆に言えばコードさえ交換できる仕様なら「ほぼ一生使える」とすら言えると思うんですよね。
パソコンやスマホと違ってオーディオ機器は技術が急に進歩したりしないから、壊れなければ買い換える必要がないというのがその理由です。

という事は「3万円で一生いい音が聞ける」という極論にたどり着くじゃないですか!

そう考えたら凄くコスパがいい気がしてきて買っちゃったという訳です。

シリコンフォームイヤーピースという新しい装着感

XBA-A3は密閉型イヤホンの一般的なイヤーピースに加えて、
「シリコンフォームイヤーピース」という新しいイヤーピースが付属します。

2016-05-20-04.55.22

これはイヤーピースの中に小さなクッション材が入ってて密閉度を高めてくれるというものです。
基本的に密閉度が高まれば高まるほど遮音性が上がり、結果音質が良くなると言えるのでこっちを使うのがお勧めですね。

僕が両方使ってみた感じシリコンフォームイヤーピースにも弱点があり「長時間使用時の耳への負担が大きい」という印象を持ちました。
ノーマルイヤーピースの利点は長時間視聴時の聴き疲れしにくさだと言えます。

SFチックなデザインがかっこいい

2016-05-20 04.52.58

もともとSONY大好きな僕ですが、このXBA-A3はかなりSONY的なデザインで魅力があると思います。
黒と赤とガンメタリックっていう配色が、Appleの真っ白なイヤホンに対抗してる感じで好きですね。
この未来感のあるデザインが購入理由の30%くらいあったのかもしれません(^_^;)

2016-05-20 04.54.21

そんな感じで、かなり満足してるXBA-A3。
使ってて悪い点はほとんどないかなと感じているくらいです。

あえて言うなら、動画などから抽出した録音が良くないMP3だと荒さがわかりすぎてきついとかそれくらいです。
もうひとつ無理やり言うならBluetoothイヤホンに比べて有線であるということも一応あるんですが・・・

XBA-A3をBluetoothイヤホンにするオプションが用意されている

XBA-A3にはコードを交換できる仕様を利用して、なんとSONY公式のBluetooth化オプションがあるんです!
それが ワイヤレスオーディオレシーバー MUC-M1BT1 です。

41SDQTGwD7L

かなり面白そうな製品なのでちょっと欲しかったんですが、これお値段約15000円とSONYクオリティとなっております(笑)
それと無線にすることでせっかくの高音質が鈍ったら嫌だなぁと僕は買ってはいません。
でも多分、現状で一番音がいいBluetoothイヤホンになると思うんで、非常に夢があるオプションですね。

っと今回は以上になります!
久しぶりのガジェットレビューでした。

リセカ
なつかしの曲をもう一度楽しめる嬉しさ!

スポンサーリンク

筆者うらぎのTwitterを見る @Uragi_Keita
フォローしてもらえれば嬉しいです

 - ガジェット・PC , ,