日常の「楽しい!」をシェアしたい自分メディア。

*

「楽しむ」という原点に戻るために

      2016/07/26

YRROGO3b

ブログを初めてわずか2ヶ月あまりで心折れてブロガー活動を休止してしまったという事実。

僕はこの経験から様々なことを感じ、今後どうしたらいいのか真剣に考えました。
それは生き方にも通ずる大規模な「自分探し」でした。

スポンサーリンク

自分を不幸にする欲望なんて捨ててしまえ

「楽しい生き方を求めてブログを始めたはずが逆に苦しんでいた」という経験をなんとか前進に繋げたい。

悪いのはブログじゃない!

おそらく原因はたったひとつ。
それはブログに収益を求めて重く考えすぎていたこと。
僕は結果を求めることに縛られていたのだと思います。

ブログに対する姿勢そのものが明確に間違っていた。
自分に合ってないブログへの取り組み方だったと認めなければいけない。

でも決してブログは止めない!

失敗は前進に繋がるための大切な必要経費です。
まずは原点回帰、ブロガーをやりたかった最初の理由に戻るべきだと考えました。

そう・・「楽しく生きていきたい」という原点です。

ブログは本来間違いなく楽しいもの。

ノルマなんてない!ハードルなんてない!
評価を求めないブログは楽しすぎる趣味だと確信できます。

自己表現の楽しさ、属性交流の楽しさ、それらは未曾有の可能性。
そんな魅力的なブログ、ブロガーを「欲望」によって濁らせてしまっていた・・。

僕はバカだ。
黒い欲望なんかにブログが持つ大切な価値を奪われてたまるか!

「楽しむ」という原点

僕は心が折れていた間、楽ではあったけど何か物足りない気持ちに支配されていました。
心の奥底にずっとあり続けたのは「楽しさを求めたい」という変わらない想い。

僕は「自分にあった楽しさの方向性」を目指します!
間違った欲望を捨てて、正しい欲望を見つけたいというポジティブ方向。

楽しさを求める姿勢でブログのことを考えたらすぐに道筋が浮かびあがった。
だって「楽しさ」ってブログの本来の価値そのものじゃないですか!
ブログとは元々楽しむためのものという当たり前のことを僕はすっかり見失っていました。

ブログを続けたい、自分が伝えたいことを書いていきたい、というありのままの想い。
人間は孤独に弱い生き物、人間は自己顕示したい生き物。

本来ブログがもたらしてくれる価値ってお金よりもずっと暖かい大切なものだと思います。

マイペース・ノルマなしをコンセプトに

神経質すぎる僕がブログを楽しむためには「明確な割りきり」が必用だと考えました。

気楽に、適当に、殴り書き、チラ裏、頑張らない、気負わない
これらは自分の性格の悪い部分を変えるための決意の言葉です。

絶対にノルマなし、絶対にマイペース。
圧倒的にゆるく、究極的にまったりと。

ブログを続けられること→楽しく感じられること→自発的に更新できること。
そんな長期的プランで「ブログ=楽しい」という感覚を根付かせていきたい!

極論、僕はブログを持っているだけで自己表現の楽しさを享受できると思っています。
マイペースによって「継続」の実現は約束されるという強さ。

ゆるーく、ありのまま幸せになれる「考え方のミニマリズム」というコンセプト。

楽しく続けられれば可能性はいつか見えてくる。
辞めてしまえば可能性はゼロになる、その差はとてつもなく大きい。

僕がやって来た活動を決して白紙に戻してはならない!
「エンジョイブロガーになる」という選択、それが今の僕にできる最大限の向上心だと考えています。

「楽しい」を入口にして収入を目指すという希望

元々計画していたプランは「収入→楽しい」というもの、でもそれは破綻しました。

僕が将来的に夢見る新しいプランは「楽しい→収入」というもの。
「楽しさ」を入口において「裏返す」計画です。

でもこれはあくまで夢、今はまだ絶対に意識しない!
というか利益を意識することが間違いだって気付かされたばかり。

一生たどり着けなくてもいい、けど僕の性格でありえるとしたらこのパターンしかないって考えています。

そもそもブログは収入を求めて始めるプラットフォームではない。
「楽しさ」から好き勝手やっていたら「収入が生まれることもある」という認識が正しいはず。

「楽しいの後に夢をおくこと」

僕はブロガーを目指したことで「経験」からしか見つけられない自分の攻略法が見えてきた。

しばらくはゆるく継続を目指すものの前向きな姿勢は絶対に忘れないでいきたい、というのが僕の想いになります!

リセカ
「ゆるく」「リセット」したいという想い。

スポンサーリンク

フォローしてもらえれば嬉しいです(^-^)/


筆者うらぎのTwitterを見る @Uragi_Keita

 - ブログ・副業 , ,