楽しく生きたい!をシェアする自分メディア。

*

ApplePencilのツルツル対策はペン先保護カバーが最強!?ペーパーライクとの組み合わせも

   

あんな
iPadとApplePencilでお絵描きを始めたんですけど…なんかツルツルして思うような線が描けないんです!
うらぎ
もしかして…標準状態で使ってるのかな?実はデジタルのペンって滑り止め対策が必須なんだよね~。
スポンサーリンク

ApplePencilがツルツル滑るのを対策したい!

ApplePencilを始めとするデジタルペンは、標準状態で使うとひとつ不便に感じてしまう部分があります。

それは、ペン先と画面の摩擦が無いことによる、ツルツルと滑るように感じる描き味です。
ペン先が滑ってしまうと、狙ったような線が描けないばかりか、変に力をかけて手を痛めてしまうことも。

アナログで文字や絵を描くときは、紙の表面によるザラつきによって程よい抵抗がかかっている状態なんですね。

だから、昨今のデジタルお絵かきではペーパーライク保護フィルムという、紙の表面を再現したようなフィルムを貼ることが基本にまでなってきました。

ペーパーライク保護シートは確かに描き味の改善には絶大な効果もあるんですが…
実はその反面、いくつものデメリットを持つ一長一短なアクセサリなんです。

それで、難点の多いペーパーライクを使わずに、描き味を改善する方法が無いか調べた所…
ペーパーライク以外にも、抵抗感のある描き味を実現できるアクセサリがあったんです!

それは…”ApplePencilのペン先を保護するカバー”です。

うらぎ
画面側が駄目なら、ペン側をカスタムしようって発想ですね。

ゴム素材による心地良い抵抗感

ApplePencilのアクセサリは非常に充実していて、ペン先カバーにも様々な製品が出ています。


PZOZ Apple Pencil ペン先 アップルペンシル 2 保護 カバー 第1世代/第二世代 ペン先 つけペン 超薄 tips 脱着简单 摩擦を増やす 静かな 滑り止め 6個入り (グレー)

その中から僕がこのペン先カバーを選んだは、評価が高めであり、緑色のカラーがあったからという理由です。
iPadProを緑色のスキンシールで使っているので、ペン先のワンポイント緑が揃って可愛い感じに。

早速ApplePencilのペン先に装着して軽く使ってみた所…
想像以上の描き心地の良さに驚きました!

確実に抵抗感は増しているのに、ひっかかりすぎることは無い。
そんな絶妙な描き心地なんですよ。
カバーのゴム素材が本当にちょうどいい質感のもので作られているな、という印象。

昔、Wacomの液晶ペンタブを使っていた時に、エラストマー芯というゴムのペン先を使っていたんですが、まさにその描き味とそっくりなんです。

iPadの液晶の綺麗さを邪魔しない

このペン先保護カバーの最大の利点は、画面の表示品質を下げないでいい!
というペーパーライク保護フィルムの難点を解決できることにあります。

光沢保護フィルムで使っても、少しの抵抗ある描き味を実現することができます。

同時にiPadのタッチ操作を快適なまま保てるのも素晴らしいです。

あんな
うーん…ペーパーライク保護フィルムだと画面の表示がちょっと汚くなっちゃうって訳ですか。

ApplePencilペン先の消耗を抑えられる

このペン先カバーが持つもうひとつの利点。
ApplePencilのペン先が削れるのを防ぐことができる、という機能性です。

実はApplePencilのペン先ってお絵描きをしているとガシガシ削れていく消耗品なんです。
特にペーパーライク保護フィルムを貼っていると、その減りがとても顕著になってしまいます。

左側が新品のペン先、右側が摩耗したペン先。

そしてApple純正の交換用ペン先が結構高いことも、その問題を厄介にしている要素です。

今回のペン先カバーを使えば、それらの問題を解決することができる!という訳なんです。

ランニングコストが安い

このペン先カバーには、価格が安いという魅力もあります。
僕が買ったものは6個入りで900円ほど、ひとつあたり150円くらいですね。

ペーパーライク保護フィルムが劣化して交換する場合は1000円~2000円ほどかかります。
ApplePencilの先端を交換する場合は4個入りで2400円ほど、ひとつあたり600円くらいかかります。

そう考えると、描き味の改善もあって、ランニングコストも安いこのペン先カバー。
まさに…神アクセサリ!と言えるのではないでしょうか?


IUGGAN Apple Pencil ペン先 カバー シリコン アップルペンシル ペン先 保護 ケース 柔らかい 滑り止め 静かな 超薄 tips 書き込み摩擦を増やす 第1世代 第2世代 適用 スリーブ 10個入 (ホワイト)

唯一の欠点はペン先が太くなること

本当に良いことずくめな、ApplePencilのペン先カバーですが…
ひとつだけ、明確な欠点がありました。

それは…ペン先が太くなってしまうこと!
ペン先が太くなることで、狙った位置を正確にタッチするのが少し難しくなります。

ちょっとだけ太いのがわかるでしょうか。

まぁでも…この問題に関しては慣れで解決できる問題かな?と。
最初はズレる時があっても、しばらく使ってればペン先のどこが面に触れるかを感覚的に理解できるようになると思います。

総合して言うと…地味ながらも非常に良い製品。
もしかしたら描き味改善の第一候補にもなるかもしれないって感じています。

価格が安いので、気になる方は一度試してみるといいですよ!

ペーパーライクとの組み合わせは?

このペン先カバーは、ペーパーライク保護フィルムよりもいいかも!って論調で展開してきましたが…

ペン先カバー+ペーパーライク保護フィルムという同時利用も選択肢のひとつです!
描き味の抵抗感はさらに強まり、線のコントロールを最大重視したカスタムになるって印象です。

液晶の表示品質こそ落ちるものの、ApplePencilのペン先の減りは防ぐことができますので、割とありな選択かな~と思います!

あんな
iPadやApplePencilはアクセサリが豊富だから、自分にあったものを探すのも楽しいですね!

人気の関連ページ!



スポンサーリンク

 - お絵描き・アラカルト , , ,