楽しく生きたい!をシェアする自分メディア。

*

「今の生き方は望んだもの?」人生がサイコロで決まってしまう理由とは!?ザイオンス効果

      2019/11/03

スポンサーリンク

「こんな人生望んでなかった…」

あなたにとって、今の生き方は目指していたものですか?

「こんな人生望んでなかった…」
少なからずそんな気持ちを抱えている人は多いのはないでしょうか。

リセカ

人間には”自由な意思”があるはずなのに何故?

10年、20年、30年…人によって違いますが、長い時間、何でも選ぶ権利があったはず。

それなのに、今、自分が望んだ生き方をしていないとしたら、おかしいと思いませんか?

そうだとしても安心してください、実はそうなってしまうのが普通なんです。
この世界には自分で人生を選べなくなってしまう、いくつもの巧妙な罠がしかけられているんです!

生き方とは選ぶもの?与えられるもの?

物心つく前から始まる、生き方のレールに疑問を持ったことはありませんか?

今の日本では、ほどんどの人が義務教育から始まる人生のレールを敷かれてしまいます。
小中学校に通って、受験して、就職して…という生き方。
本来この生き方は、選択肢のひとつに過ぎないはずなのに、ほぼ強制択になっていますよね。

これは物心つく前から、選択肢を大幅に狭められてしまうことに他なりません。
そして致命的なのは、生き方は自分で選ぶものではないという認識が当たり前になってしまうということです。

これはまさに、生き方とは選ぶのではなく与えられるものだ、という洗脳だと思います。

最初の方向は”たまたま”で決まる

それでも自分のやりたいこと、すなわち夢を目指して生きる人もいます。
家庭環境や親の教育によって夢を与えられる場合もありますね。
そうやって夢を追って成長した人は、人生を自分で選んでいるんでしょうか?

小さな頃からずっと続けてることや、目指し続けている夢。
その生き方には、神聖さや運命など特別な印象を感じてしまうものです。
子供の頃の直感的な想いが間違っているはずがないって。

でも冷静に考えてみると、子供の頃に何も知らずに選んだものが何故正しいと言えるんでしょうか?
まだ自分がどういう人間かを理解できていない時期に、なぜ自分に合っている生き方がわかる?

ほとんどの場合でそこに明確な根拠は無いんです。
広すぎる選択肢の中から、たまたまそれを選んだだけというのが本質。

つまり、子供の頃からの夢でも自分に合っていない場合があるってことです。
その夢に縛られて苦しんでいることに気づかず無理し続けた場合、不幸な人生になってしまいます。

実は僕も人生をかけるつもりだった夢に、ただ縛られていただけだったと気づいた経験があるんです。
僕の場合は、挫折で全てを失ったから気づけたのですが、普通ならほぼ気づけないほど強力に自己洗脳されていたことを経験しました。

そして恐ろしいのは、人間に備わったひとつの心理です。
それは、たまたま選んだ生き方をどんどん好きになるように自己洗脳する心理。

繰り返せば好きになるザイオンス効果

好きな飲食店に行けば行くほど何故かまた行きたくなる、
同じ味に少しづつ飽きはじめているにも関わらず、行けばホッとして満足してまた行きたくなってしまう。
こんな経験ってありませんか?

これはザイオンス効果と呼ばれる人間心理で、本能的な無意識のものです。

ザイオンス効果は、危険がなく一定の成果があったことを、それが好きであるように脳に錯覚させます
それによって、安全なことを繰り返すのが非常に効率的になるからです。

しかし、このザイオンス効果にはひとつ大きな欠点があります。
たまたま選んだ行動があまり良くないことだったとしてもお構いなしに、それを好きになるように自己洗脳してしまうのです。

ジュラビー
駄目だとわかってても続けちゃうのには理由があったんだ!

そうやって最初に偶然選んだものに愛着を持ち勘違いしていく…。
もし自分が苦しむ生き方に愛着をもってしまったとしたら…

ザイオンス効果、本当に恐ろしい人間心理です。

人間は新しいことを始めたくない生き物

実はザイオンス効果以外にも、人間は自分の身を守るための様々な心理に縛られているんです。
それによって、人間は成長するにつれて選択肢が減っていき不自由になってしまいます。

習慣で生きることによって発生するスコトーマという盲点によって、新しい選択肢はどんどん見えなくなります。

見栄やプライドに縛られたり、世間の常識や同調圧力に逆らえない心理で、仕事に人生を奪われてしまいます。

自由に楽しく生きるという当たり前の選択をするのに覚悟がいる、現代社会がおかしすぎることに気づいて欲しい。

欲望や不安から生まれる心の弱さに縛られると、消耗ばかりで結果が出せなくなってしまいます。

そうです、実は人間って自由意思があるように勘違いしているだけなんです!
自由意思だと思っていたものは、様々なものに縛られて制限された中の凄く狭い自由、すなわち不自由なんですね。

人間が持っているのは自由意思ではなく、不自由意思だったという驚愕の事実!

人生はサイコロで決まってしまう

無限の選択肢からたまたまで選ぶ最初の選択。
そこに理由も無く愛着を持つ人間心理。
成長と共に新しい選択肢はどんどん見えなくなる。

人生はサイコロで決まってしまうという本質に気づいてもらえたでしょうか。
あなたはまだ、生き方を選んでいないかもしれないんです。

でも、今が楽しくて幸せならまったく問題ありません。
それはまぎれもないあなたの人生です。

リセカ
大切なのは選ぶことではなく、楽しく生きることですから!

もし苦しいなら選び直そう!

問題は今が苦しい、生きづらいと感じている場合です!
あなたが自分だと感じているものは、生存本能や固定概念に縛られた偽物である可能性が高いです。

「したい」ではなく「しなければならない」と感じることばかりで生きているとするなら…
人生を運に委ねたままにしておいては勿体無いです。

一度きりの人生、自分で生き方を選んでいきましょう!
このことに気づけたなら人生のリセットを始められます。


自分を変える!―――自分が喜ぶ生き方を選ぶ (三笠書房 電子書籍)

僕はこの世界に弱く生まれてきて、様々な失敗を繰り返し、楽しく生きるための学びを求め続けてきました。
そして、本当の幸せとは”心の自由”を手に入れることだって気づいたんです。

よければ読んでみてください。

スポンサーリンク

 - 生き方・ライフ ,