楽しく生きたい!をシェアする自分メディア。

*

筆者はこんな人間です Part 2 [うらぎ けーた紹介]

      2019/10/15

うらぎ けーた

このページはこちらからの続きになります。

スポンサーリンク

楽しい生き方を選ぶ決意!

僕が目先の苦しさから逃れるために、すがるように始めた、学びという心の修復。
先人や偉人たちの言葉は、僕の心にぽっかりと空いた穴を埋め始めました。

「間違いない…僕は考え方を変えることで、少しづつ立ち直れている!」
「考え方を変える…これって自分の力で変えられることじゃん!」

「それって…生き方を自分で選ぶこと!」

そう、不可抗力に夢を奪われたとき、自分には何もできることが無いと決めつけていたことが大きな勘違いだったのです。
どんなに理不尽なことが起きても、考えること、疑う、気づく、学ぶ・選ぶことはできるんだって!

僕は理不尽体験によって「幸せへの気づきのこっち側に来れた」と感じています。

「ここまでひどい目にあったから僕は気がつけた、けど他の人は…?」

僕が自分を疑えたのは、現実をそのまま受け入れたら自ら命を絶ちかねないという危機感による必死の抵抗だったに違いありません。

「挫折を強制させられた悲劇ですらも、考え方次第ですごく価値のあるものになるんだ!」

そう、人間は大きな失敗や挫折がないと自分で生き方を選べないという気づき。
それは失敗することこそ最も価値がある、宝物だという学び。

失敗や挫折による心の傷は自分を疑える、大切な気づきに繋がる宝物。

「失敗することは本質的に前進なんだ!」
「ちょっと待って…失敗も成功も自分にとってプラスになる?」

「じゃあ挑戦することって…負け無しの戦ってことじゃん!」

失敗が前進なら挑戦することが最強になるという気づき。

それは、成功するためには何でも挑戦する習慣を作ればいい、という学び。

全ての成功は偶然から生まれます。
そして偶然を起こすには、試行回数を増やす、つまり挑戦する習慣を持つことです。

「挑戦の回数が多ければ偶然は、必然に変わるるんだ!」

周りに運がいいと思われてる人のほとんどは、挑戦する回数が多いだけだって知ってました?

「新しいことを始める億劫さって、とんでもない勘違いだったんだ…」
「確かに失敗が怖くないなら…楽しめるかも!」

「やったことないこと全てが…キラキラ魅力的に見える?」

全てのことを楽しめる、それは失敗することへの恐怖、物事への偏見が無い状態。
その感覚こそが「楽しく自由に生きる」を選ぶということ。

恐怖や偏見が無くなった僕を待ち受けていたのは、直近の生き方を好きに選んでいいという状況でした!
それはずっと忘れてたような究極的な自由さ、子供の頃に戻ったかのような不思議な感覚。

「生きるって本来こんなにも自由なことだったんだ!」

僕は動揺しました、自分の周りにあるあまりの選択肢の多さ。

「今までもずっとあったはずなのに…気づかなかったんだ…」
「もしかして…僕は初めて自分の意思で生き方を選ぼうとしている?」

そう、人間は今の生き方以外のほとんどが盲点になってしまうという気づき。
この世界にある無限の選択肢が見えない方が普通だという学び。

「人は大人になればなるほど…楽しさが見えなくなるんだ」
「それなら…僕はずっと子供のままで生きたい!」

なんとなくで感じてた「子供の頃の方が楽しかった」という感覚には根拠があったんです。
人間が生物的に優秀だからこそ生きづらくなる、楽しめなくなる、そんな進化による矛盾に縛られてはいけない。

「自分をリセットして新しい人生を始める!」

新しい生き方を選ぶと言っても、僕の中では確固たる方針が決まっていました。

「自由に楽しく生きられる習慣を作る!」

新しい自分を作っていろんなことに挑戦して、人生を楽しみたいという強い想い。

そう、理不尽で唯一の武器を奪われた経験から、何かに特化して縛られることだけは嫌だったんです。

そのとき既に学ぶことの魅力に取り付かれた僕は、生き方に関する本を読みふける毎日を過ごしました。

「理想の自分が出来あがれば、いつでも全てのことを自由に選べるはず!」

「もう過去や不可抗力には絶対に縛られない」
「常に自分を疑って、今したいことをするんだ!」

自分が本当に”したい”こと

僕が、心から「したい」と思ったこと。

それは、絵師だった経験を生かしてデザインにこだわった自分ブランドを作るプロジェクト。
このブログたのシェアはそこから始まりました。

自分が本当にしたいプロジェクトを進めるのはそれはもう楽しかった、けど、想像以上に大変でもありました。
無駄に完璧主義で優柔不断という性格に苦しみ、非常にゆっくりしたペースになってしまうという焦り。

「頑張らなきゃいけないって意識したら”したい”から”しなきゃいけない”に変わってしまう…」

「縛られてまた苦しむことだけは選んではいけない!」

全ての時間を自分で管理する上で、やる気を保ってプロジェクトを進めていくことに本当に苦労したんです。

でもそれすらも、人間の心理を学び、理想の自分を修正していくことを楽しむ意識で解決できました。

「人間は習慣で生きてるから…頑張ることすらも形式化できれば…」
「そういえば学校に行ってた時は、頑張ろうとしなくても作業できてたなぁ」

「場所と行動を紐つければ…頑張ろうという意思を介入させずに前進できる?」

そう、それは学校や会社というシステムが最高の効率になっているという気づき。
特定の場所や状況を習慣のトリガーにすれば、頑張ることすら簡単になるんです。

それは、それまで散々苦しめられてきた習慣を逆に利用していくという発想の逆転でした。

「集中できる場所っていえば…」

「喫茶店で作業するノマドワーカーって…まさにこれじゃん!」
「図書館でもいいけど堅苦しいイメージだから、楽しさ的に喫茶店を選びたい」

僕は早速その日の気分がどうであれ、まず喫茶店に行くという習慣を作ることから始めました。
そうすると、それまで苦労していたやる気の問題が嘘のように解決できたんです!

喫茶店を利用したノマドワークの優れている所は、遊びの誘惑がない環境という点にあります。
人間は本能的に堕落に弱い、だから自分の部屋だと遊びたい欲求を常に我慢しなければいけないんです。
自室で頑張ろうとすることは、無駄な消耗をする習慣を選んでいるに他なりません。

「やる前は億劫だと思ってても、習慣で始めてしまえば、どんどん楽しくなってくる?」

やる気が乗らない日でも、習慣で喫茶店に行って作業を始めてさえしまえば楽しく感じてくるんです。
それこそが、自分が「したい」と思ってることを選んでることの最大の恩恵。

「本気でしたいことって、こんなにも楽しくて、ずっと続けられるんだ…」

そう、やり始める習慣さえ作れば、後は慣性にまかせるだけでいいんです。
自分がしたいことなら、それだけで前進も楽しさも満足感も得られる!

自分がやりたいことを選べば、やる気のマネジメントは始める場所に移動する習慣を作るだけでいいんです!

それは自分の意思でやってるか、やらされてるか、の違いで仕事の時間全ての楽しいか苦しいかが決まるという人生の本質に繋がる気づき。

でも、どうしてもやりたくないことをやらなきゃいけない時ってありますよね?
そんな時でも、自分の意思でやってれば楽しい理論に無理やり当てはめてやればいいんです!

「どれだけやっても終わりが見えない…」

作業に没頭する日々が続くと、次第に蓄積されてたエネルギーが枯渇していくような感覚を覚えました。

僕は挫折を克服する時に、弱い自分を認めて生きることを選びました。
でもそれによって、マイペースでいい結果を出せなくてもいいと考えることがひとつのデメリットを生み出していたんです。

「僕はもしかして…夢や欲望を持つことを怖がっている?」
「夢に依存してそれを奪われた無意識のトラウマ…」

「そうか…僕はもっと欲望を持たなきゃいけないんだ!」

そう、人間は欲望や目標を、やる気の原動力にしているという気づき。
目標があるから生まれる結果や達成感と言ったご褒美がないと、エネルギーは枯渇してしまう。

僕は、結果を出さなきゃいけないと自分を縛って苦しむことだけはしたくなかった。

「自分が不器用に生まれたことを受け入れても…夢や目標は持てる!」

自分を縛らなくても、夢や目標を持つことには何の支障もないことに気づいたんです。

「でも不可抗力に期待して消耗することだけは気をつけないと…」

重要なのは、不可抗力に対しては欲望を持ってはいけないということを忘れない決意。
それを忘れたら、また同じ過ちを繰り返してしまう。

やる気エネルギーの源として、戦略的に欲望を利用することが最強なんです。

「縛られずに自由に生きる!」その選択で、僕の心は幸せになりました。
でも、この世界には、決して目を反らせない生きていく上での問題があります。

そう、お金の問題です。

生きていくための切り札

稼がなきゃいけないと自分を縛ることはしたくないという想い。
けど、自分ができる最大限は頑張りたい、という気持ちもありました。

自分ブランドのブログは少しずつ成長させていく計画ですが、すぐに稼げる訳ではありません。

そこで僕は、許されるためのライフラインとしてひとつ新しいことに挑戦しました。
それがネットを使った株式デイトレードです。

このデイトレですが驚くことに、直近で学んでいた人生のスキル、特に消耗をさけるメンタル面の考え方などがそのまま流用できたんです!
株の値動きって完全に不可抗力によるものなんですね。

自己啓発や成功法則で学んだことを生かして真剣に取り組み、1年ほど試行錯誤を繰り返したところ、なんとか自分の勝ちパターンを見つけることができました。

この時はまだアベノミクスが続いてたおかげで、3年くらいで資金を数倍にすることに成功!
それから今にかけて地合いが悪くなりデイトレの難易度は上がったのですが、僕にはひとつプランがありました。

それは稼いだ資金を使って、株主優待を根こそぎ取ることで生活費を大幅に浮かせようというもの。
これにより、ほぼノーリスクで株主優待を取れるようになって非常に助かっています。

このデイトレと株主優待のシナジーにより直近のお金の問題をクリアできたこと、それはまさに新しいことに挑戦してみた利益に他なりません。

精神的にも楽になり、自分メディア作りとしてブロガー活動をより楽しく進められるようになりました。

人生はロールプレイングゲームみたいに楽しめる!

そうやって自由な生き方、最善の生き方を探す日常が楽しすぎる!
気づいて、学んで、試して、改善して…の繰り返しで成長していく。

そんな生活をしてるうちに気づいたんです。

「人生って本当に冒険なんだ…!」

縛られず自由に生きれれば、人生はゲームと同じくらい楽しいもの。

「これこそが…やっと見つけた後悔しない生き方!」

そうやって、僕は理想の自分にたどり着いた!はずだった…。

理不尽な地獄から生還し、人生のリセットを決意した僕を待っていたのは…
なんと…まさかの再挫折だったんです。

この世界に隠されていた、心が弱い人が絶対ハマる罠とは一体!?

続きは現在執筆中です。

このブログ「たのシェア」の紹介はこちらから。

スポンサーリンク

 - 自分のこと・ビジネス ,